2009年02月18日

我が家の定番「しぐれ」の巻

昨晩友達の直ちゃんと話していたら、
仕事が忙しくて昨日は朝は甘いパンと飲み物、お昼はコンビニおにぎり二つ、夜もパンと飲み物だという。

うーん、炭水化物ばかり。。

今日はダンナのお弁当の日なので、直ちゃんの分も作り、朝届けにいく。

明るくて仕事も一生懸命する彼女、ただ料理はNGなので心配になって時々お総菜を運んだりする。

カラダを壊さなきゃいいけど。。

ところで、我が家のおにぎりに必ずと言っていいほど登場するのが「しぐれ」。

アサリや蛤の身を濃いめのお醤油と生姜で炊きあげてある佃煮で、これもまた我が家には欠かせないもの。
三重県の総本家貝新というお店のもので、デパートの名店街などで売っている。

たまにここ以外のものも買ってみたが、甘みが強くてダンナには不評なので、もう他のものは買わない。

そのままではかなり味が濃いのだが、炊きたてのごはんでおむすびにすると、食べる頃にお醤油が少し染み出してとてもおいしい。

お茶漬けにもよく合うしね。

値段はそれほど安くはないけど、普通のアサリのしぐれなら800円ぐらいだったかな。

手剥きのアサリや蛤はもうちょっと高く、特に蛤は一粒あたり百数十円。
ほんのたまにこの蛤のしぐれも買うのだけど、ダンナが無造作に食べるとちょっと腹が立つ。

あれ?私って、もしかしてケチ?

↓これが、わがやになくてはならない貝新のしぐれ。
 【名古屋でらうまグルメ】「一味丹精」で300年【貝新】あさり・志ぐれ万古容器入●B-10


ラベル:しぐれ 貝新
posted by グルメ太郎 at 13:57| Comment(0) | 美味いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

3大SHOPで探し物ならこちら

■探し物なら→   
■旅の宿なら→


spacer.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。