2008年10月30日

チャンジャ焼きおにぎ

【チャンジャ焼きおにぎり】
材料  
チャンジャ(韓国産の、鱈という魚の辛い塩辛です。)
白いご飯
白ゴマ少々
しょうゆ少々
鰹節(スーパーなどで売っている、小袋状の奴などにのっける用の鰹節がベスト)
ゴマ油

材料は全て適量です。

作り方
1 チャンジャをまな板にのせ、包丁で叩いて細かくする。
(これをきちんとしないと焼きおにぎりが崩れます。)
2 しょうゆ以外を混ぜておにぎりにする。
3 フッ素のフライパン(ひっつかないもの)にうす〜くごま油をぬり(キッチンぺーパーだときれいにぬれます。)、火にかけておにぎりをのっけてしょうゆをぬりながら香ばしく焼きあげれば完成。
 火は中火くらいだと思いますが、やっていくうちに自分の家の火加減を見つけてください。
 お好みで、細かく刻んだ沢庵を混ぜても食感が面白く美味しいです。


猫カフェ in 東京事情
UGG(アグ)のムートンブーツで足も心もホカホカ
引越し祝いの相場の金額やマナー


posted by グルメ太郎 at 18:06| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

甘エビの鯛わた和え

【甘エビの鯛わた和え】
材料
甘エビ(冷凍でも生でもOK)
鯛ワタ       
基本材料はこの2つのみで、量は好みです。
 
作り方 
1 甘エビの殻をむき、身のみにします。
2 鯛ワタ適量と混ぜ完成です。(だいたいですが、甘エビの4分の1gくらいの鯛ワタで十分です。
冷凍甘エビの場合には、凍った状態で容器に入れ、1パーセントくらいの塩水(1000ccの水に10cの塩を混ぜたもの)をかぶるくらい入れて冷蔵庫で解凍しますと(だいたい3~5時間くらいで解凍出来ます。)、ぷりっぷりになります。
鯛ワタは、なかなか手に入れるのが難しいでしょうが、ネットで探せば見つかります。
非常にカツオの酒盗に似ていますが、酒盗では代用出来ません。
甘エビが頭付きや、卵付き(青い卵)でしたら、卵は一緒に混ぜて、頭はカリッとから揚げにしたら美味しく頂けます。
お酒の肴に、ご飯のおかずに・・・


2009年賀状の牛イラスト無料素材は?
posted by グルメ太郎 at 23:21| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ほうれん草とトマトのナムルサラダ

【ほうれん草とトマトのナムルサラダ】
材料  ほうれん草(サラダ用でなくてもOK)                 
油揚げ
トマト
市販のそばつゆ(ミツカン追いカツオつゆがおススメ)
ごま油少々
ガーリックチップ(お好みで)
材料全て適量です。味付けが市販のそばつゆですので、濃くはなってもまずくなる事はありませんので、自分の好みでどうぞ

作り方 
1 トマトを沸騰したお湯に2、3秒入れ、(トマトが沈むお湯の量)冷水に落として皮をむく。
2 皮がむけたトマトのヘタを落として横から2つに切り、箸を使って中の種を取り除く。
3 水できれいに洗ったトマトを好みの大きさに切る。
4 ほうれん草を5センチ間隔くらいの長さに切り、流水で洗う。
5 ほうれん草をザルにあげ水をきる。
6 油揚げをトースターや魚焼きグリルを使ってきつね色になるまで焼き、好みの大きさにカット
7 ほうれん草、そばつゆ、ごま油をサラダボールに入れ、手でしんなりするまでもみ混ぜる。
8 味見をし、問題なければ残りのトマト、油揚げを入れ、さっくり混ぜて完成。
 においが気にならない方は、ガーリックチップをトッピングするとかなり美味しくなります。
 松の実などのナッツ系を入れても美味しく召し上がれます。
 ごま油の代わりに、オリーブオイルで作ったガーリックオイル、油揚げの代わりにクルトンを使用し、最後にパルメザンチーズを削ったもの(粉上でもOK)をのっければ、少しおしゃれなイタリアンっぽくもなります。

簡単でもグルメな料理レシピと食のまとめサイト

   
posted by グルメ太郎 at 10:46| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ニオイが気にならないゴルゴンゾーラのフォンデュ

【ニオイが気にならないゴルゴンゾーラのフォンデュ】
 材料  クリームチーズ       500g
      ゴルゴンゾーラチーズ   125g
      牛乳             400cc
      生クリーム(動物性35%) 400cc
      塩               小さじ3くらい
      砂糖              大さじ4〜5くらい

作り方 
1 チーズ2種を常温でやわらかくしておく(冬場はレンジの解凍モードでOK)
2 ゴルゴンゾーラチーズと牛乳をミキサーにかけ、このチーズ特有の粒粒をなくしておく。
3 2で出来たものと、残りの材料を鍋に入れ、火にかける。
4 鍋底が焦げない様しゃもじ(木か竹製のもの)的なもので混ぜながらふつふつ沸騰させる。
5 火を止め、保存する容器に移したら、上に空気が入らない様ラップする。
6 冷めたら完成。
 一度保存することで、味がまろやかになりますが、御面倒でしたらアツアツを好みのかたさに牛乳で薄めて完成です。
 因みに私自身がゴルゴンゾーラを含めたブルーチーズ系は食べられませんでしたので、そんな自分でも美味しく食べられる味に仕上がっていると思います。
 一口大にカットして香ばしく焼いたフランスパンや、ゆでた野菜(ブロッコリーやカリフラワー、じゃが芋、さつま芋など)をつけて熱々でお召し上がり下さい。
 クラタンソースの仕上げに、シチューやカレーの仕上げに入れるとコクがでて美味しいです。

パスタの簡単でおいしいメニュー
食べるミネストローネスープの作り方
幼稚園のお弁当箱とか
posted by グルメ太郎 at 21:02| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

明太焼き豆腐

【明太焼き豆腐】
 材料  明太子チューブ     75g   
      マヨネーズ        100g
      豆腐            適量(お好み)
      しょうゆ          少々

 作り方  
       1 明太チューブとマヨネーズを混ぜる。
       2 豆腐(絹ごしでも木綿でもOK)をグラタン皿に乗せてレンジで温める。
       3 グラタン皿に出た水分を拭き取る。
       4 1の明太マヨネーズソースを豆腐の上にのっけ、数滴のしょうゆをたらす。
       5 オーブンで表面が香ばしく焼き色が付くまで焼いて完成。
 豆腐以外でも、パンに薄く塗って焼いたり、ゆでたアスパラにのっけて焼いたりと色々使えます。
 面倒ならば、明太子マヨネーズを購入する手もありますが、やはり手作りは一味違います。

わけあり商品の通販が人気
足元ヒーター暖房機器の選び方
出産祝いの金額の相場やマナー
posted by グルメ太郎 at 14:55| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ピクルスの酢(略してピクル酢)

【ピクルスの酢(略してピクル酢)】
 材料  フォアジャオ(中国産の山椒)  小さじ1 
      鷹の爪(赤トウガラシ)      2本 
      ショウガ            10g(薄切り)
      穀物酢(リンゴ酢でも可)    180cc
      砂糖              110g
      サラダ油            大さじ2
 
 作り方 
      1 酢と砂糖を鍋に入れ、沸騰させる。 
      2 冷めたら他の材料を入れて完成。
 出来れば密閉出来る瓶の容器に入れて保存するのがベストです。
 基本、野菜をビンの容器に一杯まで入れ、その上からこのピクル酢を入れます。
 上に油の膜が出来て、非常に長持ちします。
 夏場でなければ常温でも1ヵ月くらいは持ちますが、冷蔵庫で保存した方が長持ちしますし、野菜の色もきれいです。
 中に入れる野菜は、皆さんご存じのきゅうりも美味しいですが、ニンジン、大根、カブ、ラディッシュ、おくら、ペコロス、ラッキョウ、芽キャベツ、レンコン、茗荷、長いもなどなど、お漬け物や酢の物に使える野菜ならほとんどが美味しいですので色々お試し下さい。
因みに私のお勧めは、ラディッシです。


おいしいお茶の入れ方、出し方

posted by グルメ太郎 at 21:10| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

B級スパイス

【B級スパイス】
 材料  ガーリックパウダー   15g
      カレーパウダー    15g
      カイエンペッパー   10g
      パプリカパウダー   35g
      ガラムマサラ      5g
      チキンコンソメ    70g
      塩          30g
      味の素        10g
 混ぜたら完成ですが、全て粉ですのでマスクをしておいた方が良いかもです。
 フライドポテト、ポテトチップス、鶏のから揚げ、などなど色々なものの出来上がりにふりかければ、最高のB級グルメの完成です。
お好みで、カレーパウダーの代わりに山椒を入れる事で、和風味にも出来ます。


りんごのケーキの作り方




posted by グルメ太郎 at 23:34| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マグロと納豆のユッケ

【マグロと納豆のユッケ】
 材料(1人前)                        
 
    マグロの赤身    30gから40gくらい             
    リンゴ         10gくらい
    ウズラの生卵    1個
    納豆          1パック
    わさび         お好みの量 
    ☆ユッケのたれ     小さじ1〜2くらい
    ごま油         2・3滴

  ☆ユッケのたれ
    こいくちしょうゆ    360cc
    コチュジャン 12gくらい
    砂糖          55gくらい 
    ごま油         100ccくらい
    味の素         ひとつまみ(少々)    
   ユッケのタレは、ボウルにコチュジャン、砂糖、味の素を入れる。
   ホイッパーで混ぜながら少しずつしょうゆを入れる。
   きれいに固まりがないように混ぜれたら、ごま油を入れて混ぜて完成
 作り方
  1 マグロの赤身とリンゴを5_角くらいの大きさに切ってボウルに入れ、ユッケのたれとごま油を入れ混ぜる。
  2 納豆はもともと入っているタレとからしを入れ、100回近く混ぜてふわふわにする。(よく混ぜるとうま味成分が増えます。)
  3 皿に1で出来たものを焼肉屋さんのユッケの様に盛り、上から2の納豆をのせる。(納豆の量はお好みですが、下のマグロの3分の1以下位が1番美味しいです。)
  4 うずら卵を上に割りのせて完成です。
  
 
 お好みで、リンゴと一緒にきゅうりを同じサイズにして入れてみたり、自分なりのアレンジをしてみてください。
 因みに、マグロの代わりに、生食用の鶏のささ身をさっとお湯をくぐらした(霜降り)ものなんかもOKです。
 わさびはお好みですので、入れるなら1の段階で入れて下さい。


ぜんざいのおいしい作り方


posted by グルメ太郎 at 23:25| Comment(0) | 簡単料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3大SHOPで探し物ならこちら

■探し物なら→   
■旅の宿なら→


spacer.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。